笠間リノベーション⑤

Next INNOVATION株式会社です。

梅雨明けですね(*^。^*)

夏を感じております・・・・・暑くないですか?

熱中症対策しないとですね。

水分補給たっぷりと、こまめな休憩ですね。。。。

さてさて!城を創り上げる。自分等で!

どのような感じに進んでいるのか?

まずは、こちらです。

監視カメラ用のポールです。

手掘りです。これは、大変ですよね・・・・

からの

こっちには・・・・・・

コンクリが・・・・・こんにちわしてます・・・・・(笑)

これは、大変ですね。

ハツらないといけませんね。

マジで、痺れちゃいますね。

自分の気持ちに負けそうになりますが・・・・その辺はしっかりと打ち勝つようにして作業を行います。

岩がゴロゴロ出てきましたよ・・・・・

本当に大変で・・・・

でも、しっかりとセキュリティーを強化しないといけませんので

しっかりと設置致します。

現場の合間を見て、これる社員を呼び

自社いや・・・・グループの城を創り上げる。

そして、更なる研究を出来る環境を整える。

考えが、ひらめいたら、ただただ完成に向かって走り続ける。

諦められる目標なんていらないですよね。(笑)

それであれば、しっかりと目標に向かうのみです(*^。^*)

しっかりと設置しております( ̄▽ ̄)

セメントも入れて、強化ですね。

やはり、自分等で作り上げることに意味がありますよね。

じゃーん!設置完了!

これから、監視カメラ設置を行います。

何故?そこまで強化するのか?

それはですね・・・・(笑)

AIやIOTの導入やマリーン事業の新規開拓!

それなりの物がそろうので、強化しております( ̄▽ ̄)

出来る時に行っておかないと、時間が足りませんからね。

前進あるのみです。

さてさて!

どんどんやらなきゃですね。

今度は、車庫兼倉庫を作ります。

自分等で( ̄▽ ̄)(笑)

そうだな・・・・BBQも出来るようにしたいな・・・・(笑)

少人数で、しっかりと対応致しますよ!

皆で行い、OJTで社員育成ですね。

やはり、このような経験をする環境がある会社は、良いと思います。

あ!自分で褒めちゃった!(笑)

やはり良いですよね。

このように自分等で作り上げていく過程が!

本当に、OJTです。

今回で分かるのが、墨だしや段取り

大工の用語も勉強できる。多分ですが!

良いですね。

どんどん設置していきます。

これもチームワークですね。

皆同じような考えしてないといけませんから!

しっかりと同じ歩調を合わせていかないといけないですよね。

お!いい感じになってきましたね。

どのように出来上がっていくのか楽しみですね。

倉庫兼車庫!

何もない所から、自分等で作り上げていくことで

知識や体験や経験を増やしていく!

まさに一石二鳥ですね( ̄▽ ̄)

しっかりと補強をして

頑丈に作り上げる!

良い感じになってきているのではないでしょうか?

でも・・・・めちゃめちゃ炎天下です・・・・

暑いですね。

社員も熱中症にならないようにしっかりと対策をしないとですね((+_+))

これね・・・・・(笑)

2階も出来るんですよ( ̄▽ ̄)

2階でね・・・・BBQが出来たりしようかなって!

まじで!完成早くしないかなって思うんですよね。

切り出しもガンガン行っております( *´艸`)

雨が降っても問題ないですよね( ̄▽ ̄)

でも・・・・・8日から使えなくなってしまうんですよ・・・・

ここにマリーンようの車が納車されるので・・・・

それまでには、切り出しを行い

組み立てに持って行きたいですね。

からの

今度は室内です。

今回購入した時、エアコンが少なかったので

エアコンの取り付けを行います。

これも、自分等で設置しちゃう感じです。

なんでも、自分等で行う。

自分等で、自分等の仕事が行いやすい環境を作り

ストレスが少ない状況で、仕事が出来るようにする。

理想ですね。

会議というと固いイメージがあるが、MTであればなんか構えなくてよい感じかと思う。

そのような出来る環境を整え、しっかりと対応する。

だって・・・・(笑) 弊社はほぼ上下関係ないので( ̄▽ ̄)

無事に設置完了!

良かった!

後二台設置ですね( *´艸`)

自分等で、好きなものを創り上げていく!

そして、更なる進化をして、お客様に良い物を納品できる商品を創り上げる。

どんな物でも良い!自分等の好きなように仕事しやすい環境を作り出し

それが、世に出たときには、成功だ!

でも、そこで満足ではなく、そこから始まっていく!

そのようになるまで、まだまだ時間はかかるが、良い物を作り上げるには

何事も成功するために何度も壁にぶち当たると思う。でも、それが人間を強く成長させていく道かと思う。

誰かの作った道をただ歩くのではなく、茨道の困難な場所を道として作り上げていく方が、人生の生きがいがある。

私は思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です